サプリメント通販ならここ!あなたにぴったりのサプリメントが見つかるサプリメント通販ショップ

サプリメント通販のお店

  HOMEサプリメント講座栄養素事典コラム当サイトについてリンク集

ビタミンKの役割

ビタミンKは出血時に血液を固めるための物質生成に必要です。逆に体内にある血液の凝固を抑える働きもあります。血液の調整役として重要な役割を担っています。ビタミンKが不足すると出血しやすくなり、臓器内や皮下での出血が起こる可能性もあります。

また、骨を丈夫にするたんぱく質の合成にも一役買っています。ビタミンKの不足は骨粗しょう症などの原因になります。歯の健康にも役立ちます。歯茎の出血を予防する役割と歯自体を丈夫にする役割があります。

1日の必要量は約60μgですが、腸内の細菌で合成できることもあり不足することはあまりないようです。ただ、抗生物質を摂り続けるなどで、腸の細菌が減っている場合、不足する可能性があります。

新生児はまだ腸内細菌の働きが発達していない為、ビタミンKが不足する場合があります。人工乳の場合には、ビタミンKが添加されていますから問題はなく、母乳でも母親がビタミンKを十分に摂取していれば問題はありません。

ビタミンKは納豆、緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンKは脂溶性ビタミンで、体内に蓄積される性質がありますが、通常であれば過剰症の心配はほとんどありません。

ビタミンの役割

ミネラルの役割

3大栄養素

 

サプリメント通販

目的別サプリメント

話題のサプリメント

ビタミン・ミネラル系

書籍コーナー

書籍コーナートップへ

書籍一覧