サプリメント通販ならここ!あなたにぴったりのサプリメントが見つかるサプリメント通販ショップ

サプリメント通販のお店

  HOMEサプリメント講座栄養素事典コラム当サイトについてリンク集

ビタミンCの役割

ビタミンといえばビタミンCという位に有名なビタミンですが、体に対しても重要な役割を果たしてくれます。

主要な役割の1つはコラーゲンの生成です。コラーゲンは骨や皮膚の主要な成分で、不足すると肌のハリがなくなったり、歯茎が出血しやすくなったりします。

また、ビタミンCはシミやそばかすの原因になるメラニンの生成を抑えます。特に夏や夏前は日焼けをしやすいシーズンになりますのでビタミンCの摂取はかかせません。

抗酸化作用もありますので、体の老化やがん予防をはじめさまざまな病気を防ぐのに有効です。そして、ビタミンCはストレスを抑えるためのホルモン生成に必要です。ストレスの溜まりやすい現代人の皆さんは、一生懸命ビタミンCを摂ってください。

ビタミンCは水に溶ける性質があります。そして、熱に弱いので調理することで失われていき、さらには空気にも弱いという、とんでもない栄養素です。

ですので、「この食品にはビタミンCが○mg含まれています」となっていても、実際体に取り込めるのは少しだったりします。

ビタミンCは野菜、果物類に多く含まれています。特に柑橘類、いちご、緑黄色野菜、いも類でしょう。中でもオレンジ、いちごなどの果物は生でそのまま食べることが多いのでビタミンCの損失があまりありません。あと、ピーマンやジャガイモは加熱をしてもビタミンが失われにくです。

ビタミンCの1日の必要量は100mgとされています。 いちごであれば大体150g程度(10粒くらい)、オレンジであれば大体170g程度(1個+少々)で必要量を満たせます。

摂りすぎても体外に排出されますので、過剰摂取による心配はほぼありません。しかし逆に、一度にたくさん摂っても2〜3時間程度で排出されてしまうのでまとめ摂りをしても効果はありません。こまめに摂ることが重要になります。

ビタミンCはストレス、タバコ、アルコールなどで消耗されますので多めに摂るように心がけましょう。また健康面、美容面で欠かすことのできないものですので、しっかり摂るよう心がけてください。

ビタミンの役割

ミネラルの役割

3大栄養素

 

サプリメント通販

目的別サプリメント

話題のサプリメント

ビタミン・ミネラル系

書籍コーナー

書籍コーナートップへ

書籍一覧